当社は、このたび、悪性リンパ腫治療剤「アドセトリス」(一般名:ブレンツキシマブベドチン、以下「アドセトリス」)について、欧州医薬品庁(EMA)の欧州医薬品評価委員会(CHMP)において、現在条件付で承認されている適応を拡大し、自家造血幹細胞移植後の再発・進行リスクの高いCD30陽性ホジキンリンパ腫の適応追加の承認を推奨する旨の見解が示されましたのでお知らせします。

プレスリリースはこちら