理化学研究所(理研)創発物性科学研究センター創発物性計測研究チームの町田理特別研究員、花栗哲郎チームリーダー、東京大学大学院工学系研究科物理工学専攻の為ヶ井強准教授らの共同研究チームは、銅酸化物高温超伝導体における電子が持つ超伝導と電荷秩序の二面性が、磁場中で2種類の電子の模様となって現れることを発見しました。

プレスリリースはこちら