サノフィ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:ファブリス・バスキエラ、以下「サノフィ」)は、日本人の高コレステロール血症患者を対象に実施したPCSK9(前駆タンパク質転換酵素サブチリシン/ケキシン9型)を標的とする完全ヒトモノクローナル抗体治験薬アリロクマブ1の第III相試験ODYSSEY JAPANで、糖尿病患者においても、低比重リポタンパクコレステロール(LDLコレステロール、いわゆる「悪玉」コレステロール)が一貫して低下し、高い忍容性が示されたことをお知らせいたします。

プレスリリースはこちら