内本喜晴 人間・環境学研究科教授、折笠有基 同助教(現立命館大学准教授)らの研究グループは、立命館大学、国立研究開発法人産業技術総合研究所、株式会社KRIと共同で、リチウムイオン電池の電極で起こる化学反応がどの程度不均一なのかを可視化し、その発生要因を解明しました。

プレスリリースはこちら