(ニュージャージー州プリンストン、2016年5月17日)-ブリストル・マイヤーズスクイブ社(NYSE:BMY/本社:米国ニューヨーク/CEO:ジョバンニ・カフォリオ)は、米国食品医薬品局(FDA)が、自家造血幹細胞移植(auto-HSCT)および移植後のブレンツキシマブベドチンによる治療後に再発または進行した古典的ホジキンリンパ腫(cHL)患者の治療薬として、オプジーボ(一般名:ニボルマブ)を承認したことを発表しました。

プレスリリースはこちら