東北大学大学院医学系研究科の神経細胞制御学分野 五十嵐敬幸 博士課程大学院生、生命科学研究科(医学系研究科協力講座)八尾寛 教授らのグループは、遺伝子組換えCre/loxPシステムを利用して特定細胞集団を赤色蛍光タンパク質(tdTomato)により可視化できるトランスジェニックラット、及び全身性にtdTomatoを発現するトランスジェニックラット(Flame rat、フレイムラット)の作製に成功しました。

プレスリリースはこちら