東北大学 学際科学フロンティア研究所の早瀬元・助教は京都大学との共同研究において、酸化水酸化アルミニウム組成をもつベーマイトナノファイバーをシルセスキオキサンで被覆することによってコアシェル型の骨格をもつ、モノリス型(塊状)多孔体を作製することに成功しました。

プレスリリースはこちら