理化学研究所(理研)環境資源科学研究センター先進機能触媒研究グループの侯召民グループディレクター、西浦正芳専任研究員、侯有機金属化学研究室の石暁超特別研究員らの研究チームは、希土類触媒を用いて、ジメトキシベンゼンとジエン化合物から、副生成物を一切出さずに、ジメトキシベンゼンとさまざまな炭化水素骨格が交互に連結した新しい「交互共重合体」を合成する手法を開発しました。

プレスリリースはこちら