妊娠中毒症とよばれていた「妊娠高血圧腎症」は、妊娠にともなって高血圧を来す尿蛋白を伴う疾患で、脳出血などによる母体死亡、胎児死亡、未熟児発生をもたらしますが、その原因は不明で、有効な治療法がありませんでした。

プレスリリースはこちら