バルティスは本日、「イラリス」(一般名:カナキヌマブ[遺伝子組換え]、以下「イラリス」)が、遺伝性周期性発熱症候群としても知られる3種類のまれなタイプの周期性発熱症候群の治療薬として、米国食品医薬品局(FDA)から画期的治療薬(Breakthrough Therapy)の指定を3つ取得したと発表しました。これによりノバルティスは、これら疾患における「イラリス」の審査を迅速に進めるため、FDAと密接に連携することになります。

プレスリリースはこちら