ノバルティスは本日、New England Journal of Medicine誌に、FLAME試験の結果が掲載されたことを発表しました。この試験は、慢性閉塞性肺疾患(Chronic Obstructive Pulmonary Disease、以下COPD)の増悪の抑制効果について、1日1回吸入の「ウルティブロブリーズヘラー」(一般名:グリコピロニウム/インダカテロール、以下、「ウルティブロ」)と、1日2回吸入のサルメテロール50μg/フルチカゾン500μg(以下、SFC、日本では未承認の用法・用量)を直接比較したものです。

プレスリリースはこちら