東北大学大学院医学系研究科神経内科学分野の青木正志教授(東北大学病院神経内科 科長)は、大阪大学大学院医学系研究科神経内科学の望月秀樹教授(大阪大学医学部附属病院神経内科・脳卒中科長)と共同で、筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者を対象とする肝細胞増殖因子(HGF)組換えタンパク質の第II相試験(医師主導治験)(以下、本治験)を実施します。本治験は、日本医療研究開発機構(AMED)の難治性疾患実用化研究事業による支援を受け、東北大学病院および大阪大学医学部附属病院において行います。

プレスリリースはこちら