「メカノクロミズム」と呼ばれる現象を示す分子は、こする、すりつぶすなど機械的刺激を与えると、分子の発光色が変化します。この分子の発光特性の変化を確認することで、この分子に力が加わったかどうかを感知可能なセンサーとして応用できます。メカノクロミック分子の発光色は、分子それぞれに異なっていて予測ができず、狙った発光色変化を示す分子の開発は困難とされていました。

プレスリリースはこちら