北海道大学 遺伝子病制御研究所の三浦恭子 講師、慶應義塾大学 医学部 生理学教室の岡野栄之 教授らの研究グループは、約30年の長寿命で、がんになりにくい体質の「ハダカデバネズミ)」からiPS細胞)を作製することに世界で初めて成功しました。

プレスリリースはこちら