ロシュ社は本日、欧州医薬品委員会(CHMP)が上皮増殖因子受容体(EGFR)遺伝子変異陽性の切除不能な進行、転移性または再発非扁平上皮非小細胞肺がん(NSCLC)の成人患者さんの一次治療におけるAvastin(bevacizumab)とTarceva(erlotinib)の併用療法について、承認勧告を行ったことを発表しました。

プレスリリースはこちら