サノフィ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:ファブリス・バスキエラ、以下「サノフィ」)は、アルフレッサ ホールディングス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:石黒傳六)の子会社で医薬品等製造事業を行うアルフレッサ ファーマ株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締 役社長:岩谷健一郎、以下「アルフレッサ ファーマ」)と共同開発した抗てんかん薬「サブリル散分包500mg」(一般名:ビガバトリン)について、本日、厚生労働省より製造販売承認を取得したことをお知らせします。

プレスリリースはこちら