国立遺伝学研究所 分子機能研究室の鐘巻将人 准教授らのグループは、「ヒト培養細胞」で特定のタンパク質を素早く分解除去する方法を開発しました。これまでモデル生物でしかできなかった精緻な遺伝学研究が、ヒト細胞でもできるようになる画期的な手法です。

プレスリリースはこちら