東京大学と理化学研究所の研究グループは、睡眠の理論モデルと21の異なる遺伝子を改変したマウスを用いた実験により、マウスの睡眠時間を左右する7つの遺伝子を特定しました。本研究グループは、今回の研究結果が睡眠障害および睡眠に関連する精神障害、神経変性の病気の解明と治療に貢献することを期待しています。

プレスリリースはこちら