国立大学法人 筑波大学(以下、筑波大学) 生命環境系の蓑田 歩 助教らは、硫酸性温泉に生息する紅藻ガルディエリア・スルフラリアGaldieria sulphurariaの細胞表層が、強酸性条件下でも高い効率で、金とパラジウムを吸着することを見いだしました。

プレスリリースはこちら