神戸大学理学研究科の山本浩太郎さん(博士後期課程2年)と三村徹郎教授らの研究グループは、高橋勝利博士(産業技術総合研究所創薬基盤研究部門)、升島努(理化学研究所一細胞質量分析研究チーム)、山崎真巳博士(千葉大学薬学研究院)、水野初博士(静岡県立大学薬学部)らとの共同研究で、植物が薬理作用のある天然物をつくる過程での各物質の細胞レベルの分布を、初めて明らかにしました。これは、植物内での物質の合成、移動、分布を制御する未知のメカニズムが存在する可能性を示唆するものです。 

プレスリリースはこちら