当社は、このたび、オランダ アムステルダムで開催されている2016年欧州クローン病・大腸炎会議(European Crohn's and Colitis Organisation: ECCO)年次総会において、約3年間にわたりvedolizumabの投与を受けた中等度から重度の活動期潰瘍性大腸炎患者における臨床的改善について検討するGEMINI LTS(長期安全性)試験の中間解析結果を発表しましたので、お知らせします。また、同じGEMINI LTS試験における別の解析結果も発表しており、長期にわたりvedolizumabの投与を受けたクローン病または潰瘍性大腸炎患者において、粘膜治癒が示されています。

プレスリリースはこちら