慶應義塾大学医学部生理学教室(岡野栄之教授)、東北大学大学院医学系研究科神経内科(青木正志教授)、新潟大学大学院医歯学総合研究科神経生物・解剖学分野(矢野真人准教授)の共同研究チームは、家族発症歴のある筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者よりiPS細胞を樹立し、神経発生過程における異常を明らかにしました。

プレスリリースはこちら