RNA(リボ核酸)をゲノムに持つウイルスは、その小さなゲノムの中にウイルスの感染・増殖に必要な遺伝子を詰め込む必要があります。そして、それらを発現させるために様々な戦略がとられています。今回、クローバ葉脈黄化ウイルスが自身のコピーを複製する時に、P3と呼ばれる遺伝子内のグアニン2個とアデニンが6個並んだ(G2A6)配列で一塩基の欠損を生じることで、P3のG2A6より下流部分が欠落した尻切れのP3遺伝子(P3N-ALTと名付けた)を発現すること、及びP3N-ALTがウイルスの感染・増殖に必要なことを、北海道大学の薦田(萩原)優香研究員、中原健二講師、内藤哲教授、慶應義塾大学の佐藤昌直特任助教らの研究グループが解明しました。一塩基の挿入・欠損を起こす可能性のある同様の配列は、他の多くの動植物RNAウイルスのゲノム上にも多数見つかったことから、他のウイルスにおいても感染・増殖に必要な尻切れ遺伝子を発現している可能性が考えられます。

プレスリリースはこちら