東北大学多元物質科学研究所の百生敦教授と株式会社リガク(代表取締役社長 志村晶)は、科学技術振興機構の研究成果展開事業(先端計測分析技術・機器開発プログラム 開発課題名「位相敏感高感度X線非破壊検査機器の開発」)の一環として、工場生産ラインなどでの実用化を想定した非破壊検査用高感度X線スキャナを開発しました。

プレスリリースはこちら