名古屋大学大学院医学系研究科(研究科長・髙橋雅英)機能組織学分野の桐生寿美子(きりゅうすみこ)准教授と木山博資(きやまひろし)教授の研究グループは、理化学研究所脳科学総合研究センターの永田健一(ながたけんいち)基礎科学特別研究員と西道隆臣(さいどうたかおみ)チームリーダーのグループとの共同研究で、先天性多発性関節拘縮症の原因と予想されている原因遺伝子の変異が、実際に運動神経の異常を呈することをマウスで実証しました。

プレスリリースはこちら