日本電信電話株式会社と国立大学法人東北大学は、スピンの向きが長時間保持されるように構造設計した化合物半導体量子井戸を用いることで、これまで難しかった外部電界による電子スピンの長距離輸送に世界で初めて成功しました。

プレスリリースはこちら