理化学研究所(理研)生命システム研究センター先端バイオイメージング研究チームの森川高光大学院生リサーチ・アソシエイト(研究当時 大阪大学大学院生命機能研究科)渡邉朋信チームリーダー、大阪大学大学院理学研究科 今田勝巳教授、同産業科学研究所 永井健治教授、北海道大学大学院先端生命科学研究院 金城政孝教授らの共同研究グループは、細胞内の分子混雑状態により色が変わる蛍光タンパク質「GimRET(Glycine inserted mutant fRET sensor)」の開発に成功しました。

プレスリリースはこちら