当社は、2015年12月21日付け「『新生東芝アクションプラン』の実施について」において、ヘルスケア事業が本来持つポテンシャルを最大限発揮し、企業価値・顧客価値の最大化を図るためには、マジョリティ株主として積極的な支援を行う外部資本を導入し、同時に当社の財務体質強化を実現することが適当と判断し、東芝メディカル株式会社(以下「TMSC」)の売却を進めて参りましたが、本日開催の取締役会において、当社からキャノン株式会社に対し、TMSCの売却に係る独占交渉権を付与することを決定いたしましたので、お知らせいたします。

プレスリリースはこちら