京都大学化学研究所の菅大介 准教授、麻生亮太郎 博士課程学生(現大阪大学 助教)、佐藤理子 修士課程学生、治田充貴 助教、倉田博基 教授、島川祐一 教授の研究グループは、ペロブスカイト構造遷移金属酸化物から構成されるヘテロ構造中の酸素配位環境(遷移金属―酸素間の結合角度)を変調させることで、薄膜特性を制御することに成功しました。

プレスリリースはこちら