神戸大学大学院農学研究科の三宅親弘准教授、高木大輔さん(同博士後期課程)らの研究グループは、植物がもつ特定の遺伝子が、光合成の過程で発生する植物にとって有害な分子の働きを抑制することを明らかにしました。

プレスリリースはこちら