東京農業大学(学長:髙野克己)農学部バイオセラピー学科佐々木剛教授、情報システム研究機構 新領域融合研究センター・国立極地研究所の瀬川高弘特任助教らのグループは、絶滅したニホンカワウソは日本で独自に進化した固有の生物であることをDNA解析によって明らかにしました。この研究結果は「PLOSONE」に掲載されました。

プレスリリースはこちら