理化学研究所(理研)横山構造生物学研究室の横山茂之上席研究員、柳沢達男研究員、理研環境資源科学研究センター生命分子解析ユニットの堂前直ユニットリーダーらの共同研究グループは、髄膜炎菌感染症の原因となる髄膜炎菌の生存には、タンパク質「EF-P」が不可欠であることを発見しました。

プレスリリースはこちら