2016年3月6日 米国ラ・ホイヤ発-メディシノバ(MediciNova,Inc.)(米国カリフォルニア州ラ・ホイヤ、代表取締役社長兼CEO:岩城裕一)は、2016年3月5日、米国テキサス州サンアントニオで開催されたBehaviour Biology and Chemistry年次総会のシンポジウムにおいて、先ごろ終了したMN-166(イブジラスト)のオピオイド依存症治療適応のフェーズ2臨床治験結果について、主任責任医師のサンドラ・コマー博士(コロンビア大学精神医学科教授、ニューヨーク州精神医学研究所)により発表されましたのでお知らせいたします。

プレスリリースはこちら