今村航平(東北大学大学院生命科学研究科 大学院生)、髙野宏平(同大学院生命科学研究科 研究員)、中静透(同大学院生命科学研究科 教授)、森信人(京都大学 防災研究所 准教授)、馬奈木俊介(九州大学工学研究院 主幹教授)の研究グループは、文部科学省「気候変動リスク情報創生プログラム」の一環として、2014年1-2月に全国の沿岸自治体に居住する20-60代の男女(有効回答7,496人)を対象に防災と生態系保全に関する市民の意識を調査しました。

プレスリリースはこちら