高橋宏司 フィールド科学教育研究センター博士研究員(現長崎大学)、澤田英樹 同研究員、村上弘章 農学研究科博士課程後期課程学生、堀内智矢 同修士課程学生、鈴木啓太 フィールド科学教育研究センター助教、益田玲爾 同准教授、山本哲史 神戸大学学術推進研究員、南憲吏 北海道大学特任助教、深谷肇一 統計数理研究所特任助教らは、海水中に含まれる魚類のDNA量が周辺に生息する魚群規模を反映していることを明らかにしました。

プレスリリースはこちら