JST 戦略的創造研究推進事業において、神戸大学の山本 哲史 学術推進研究員、北海道大学の南 憲吏 特任助教、統計数理研究所の深谷 肇一 特任助教らは、海水中に含まれる魚類のDNA量が周辺に生息する魚群規模を反映していることを明らかにしました。

プレスリリースはこちら