株式会社カネカ(本社:大阪市、社長:角倉護)は国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と共同で、太陽電池モジュールの表面の凹凸構造によって光散乱させ反射を低減させるとともに、太陽電池モジュールの内部に光を閉じ込める技術を用いて実発電量の向上が期待できる低反射モジュールを開発しました。

プレスリリースはこちら