東京大学大学院新領域創成科学研究科の渡邉俊樹教授と山岸誠特任助教らの研究グループは、成人T細胞白血病(ATL)細胞で見られる異常な遺伝子発現の背景に大規模なエピゲノム異常があることを突き止めました。そして、新たに開発した薬剤がこのエピゲノム異常を回復させる新たな治療薬として有望であることを示しました。

プレスリリースはこちら