名古屋大学大学院医学系研究科 脳神経外科学の夏目敦至准教授、及び東北大学大学院医学系研究科 地域イノベーション分野の加藤幸成教授を中心とした研究グループは、腫瘍抗原であるポドプラニンに対するCARを作製し、膠芽腫に対するその抗腫瘍効果を評価しました。本研究成果は、米国科学誌「Cancer Immunology Research」(米国東部時間1月28日付の電子版)に掲載されました。

プレスリリースはこちら