(ニュージャージー州プリンストン、2016年1月23日)-ブリストル・マイヤーズスクイブ社(NYSE:BMY/本社:米国ニューヨーク/CEO:ジョバンニ・カフォリオ)は本日、米国食品医薬品局(FDA)が、オプジーボ(一般名:ニボルマブ)とヤーボイ(一般名:イピリムマブ)の併用療法を、BRAFV600野生型およびBRAFV600変異陽性の切除不能または転移性悪性黒色腫患者さんの治療薬として承認したことを発表しました1。

プレスリリースはこちら