NEDOプロジェクトにおいて、日立造船(株)を主体とする産学連携グループは、非可食性バイオマスである杜仲(トチュウ)が作り出すバイオトランスポリイソプレンと汎用性バイオポリマー(ポリ乳酸)を微細かつ均一に混合することで、高機能なバイオ複合材料の開発に成功しました。

プレスリリースはこちら