理化学研究所(理研)統合生命医科学研究センター免疫器官形成研究グループの古関明彦グループディレクターと藥師寺那由他客員研究員らの研究チームは、マウスの四肢のもととなる肢芽形成において、エピジェネティクス因子の「ポリコム複合体」が果たす役割を明らかにしました。

プレスリリースはこちら