名古屋大学および、理研らの共同研究グループは、ヒト胚性幹細胞(ES細胞)を用いて脳下垂体のホルモン産生細胞を分化誘導させる方法を確立しました。

プレスリリースはこちら