漆谷真 医学研究科准教授、内田司 元同博士課程学生(現洛和会音羽病院神経内科医師)、伊東秀文 和歌山県立医科大学教授らのグループは共同研究で、神経難病である筋萎縮性側索硬化症の原因蛋白質の異常構造を特異的に認識して分解する仕組みと、その破綻がオリゴデンドロサイトというグリア細胞の病的封入体形成に関与している可能性を見出しました。

プレスリリースはこちら