理化学研究所(理研)統合生命医科学研究センター組織動態研究チームの岡田峰陽 チームリーダー、北野正寛 客員研究員と、和歌山県立医科大学 医学部 先端医学研究所 生体調節機構研究部の改正恒康 教授らの共同研究グループは、がんや細胞内病原体に対する免疫に重要な樹状細胞)の働きを、生体内で可視化するイメージング解析技術の開発に成功しました。

プレスリリースはこちら