JST戦略的創造研究推進事業において、京都大学 大学院工学研究科の秋吉一成 教授らの研究グループは、ピロリ菌)の病原タンパク質CagA)が細胞外小胞エクソソーム)に含まれることを初めて明らかにし、血流に乗って全身に運ばれることを見いだしました。

プレスリリースはこちら