富士製薬工業株式会社(以下「当社」)は、持続型赤血球造血刺激因子製剤「ダルベポエチンアルファ」のバイオ後続品(以下「本剤」)について、Chong Kun Dang Pharmaceutical(本社:韓国ソウル市、代表理事:KIM Young-Joo、以下「CKD社」)と日本国内での独占開発、製造及び販売に係るライセンス契約を締結しましたのでお知らせいたします。

プレスリリースはこちら