カゴメ株式会社(社長:寺田直行、本社:愛知県名古屋市)は、東京都健康長寿医療センター、順天堂大学および東邦大学との共同研究により、日本人のCOPD患者は健常者よりも、体内の抗酸化物質濃度(リコピン濃度、総カロテノイド濃度、総ビタミンC濃度、グルタチオン濃度)が低いことを明らかにいたしました。

プレスリリースはこちら