2015年11月24日、インディアナポリス-イーライリリー・アンド・カンパニー(NYSE: LLY)は本日、米国食品医薬品局(FDA)がnecitumumab静注用、800mg/50mL(Portrazza)をゲムシタビン及びシスプラチンとの併用として、転移性扁平上皮非小細胞肺癌患者の一次治療に用いる初の生物学的製剤として承認したと発表いたしました。

プレスリリースはこちら