JST戦略的創造研究推進事業において、京都大学の大北英生 准教授、伊藤紳三郎 教授らの研究グループは、エネルギー変換効率19%以上の高効率ペロブスカイト太陽電池を用いて発電メカニズムを解析し、電流が発生する効率はほぼ100%であり、電圧も理論限界にまで向上可能なことを明らかにしました。

プレスリリースはこちら